ハラル認証

ハラルとは

I. ハラール(HALAL)とは、「合法的なもの」や「許されたもの」を意味するアラビア語で、立法者であるアッラーが人類に示した規範「シャリーア(イスラム法)」に則った合法なものをいいます。ハラールは食品にも適用され、イスラム法上合法な食品をハラール食品といいます。ハラール証明書とは、イスラム法上合法であることを表す認定証のことです。

イスラム教では豚を食用にすることを禁じているため、イスラム信徒は豚肉・豚脂などの豚由来成分、ゼラチン(豚由来やイスラム法に則ってと畜されていない食肉動物由来)、アルコール飲料やそれを使った保存料、調味用みりん、料理酒などを含んだものを食べません。そこで、「イスラム法の定める適正な方法で処理、加工された食品である」と証明された製品にはハラール(HALAL)認証が表示されています。

ハラール認証は原材料、製造工程、製品品質などを審査し、イスラム法上適合製品であることが承認された製品のみに表示することができます。イスラム諸国へ輸出する「ハラール商品」の「ハラール性」を確保するためには、製品自体のみならず、輸送、原材料保管、運搬、製造工程、包装、製品保管、流通などすべてにわたり「ハラール性」が保たれていることが要求される国もあります。他方、イスラム国であっても、輸入制度上、ハラール処理が必須であるものは、多くの国では肉類・低次肉加工品、動物性油脂などに限られています。国によって詳細が異なりますので、輸入制度の確認が必要です。ムスリム向けにハラール認証取得を示すハラールマークを商品に表示して販売する場合には、当該国の認証機関・団体またはその公認を受けた国内の認証団体で認証を取得する必要があります。また、湾岸協力会議(GCC)加盟国においては、輸入制度にハラール性の確認が内包されているため、認証取得を示すハラールマークを付与しなくても特定の販売場所を除き、国内流通しているものは原則ハラール製品となっています。

II. 日本国内におけるハラール証明書取得手続き
輸入国の認証機関が日本の認証団体を指定している場合は、その認証団体が発行するハラール証明書を取得します。
ハラール証明取得手続きの概要は以下ですが、詳しくは各認証団体に確認ください。
1.ハラール認証の書類提出
2.書類審査
3.工場および製品の監査
4.審議
5.認証取得

III. 輸入国別の指定団体
輸入国の認証機関が日本の認定団体を指定している場合は、そこで取得したハラール認証を商品に表示します。マレーシア、インドネシア、シンガポール、UAEは2015年8月時点で以下のとおり指定されています。
また、UAE向けに輸出する肉・肉加工品のハラール証明発行機関は、同時点で日本国内では1機関が指定されているほか、新規には輸出国の認証団体がオンラインで連邦環境水資源省(MOEW)に直接申請することが可能となりました。

a:1995 t:3 y:4