対象農水産物

ここに表示した農産物はごく一般の農産物を例示しています

*ゆうめいな農水産品
・夕張メロン・関鯖とか、近大マグロ
等が登録されています。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明


画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明


画像の説明

画像の説明

画像の説明

80%,画像の説明


GI制度の導入による直接的効果

日本ブランド産品の海外への浸透

国が「お墨付き」を与え、対象産品にGIマークを貼付することにより、海外の消費者は、容易に真正な日本ブランド産品を認知し、購入することが可能となり、日本ブランド産品が海外へ浸透することになります。

輸出等の施策とあわせて発現する効果

・日本ブランド産品の海外への一層の浸透海外における見本市や商談会への出品といった取組等を通じ、海外の消費者が真正な日本ブランド産品を選択する機会が増大するとともに、海外において日本ブランド産品が一層浸透することになります。
GI制度定着後、将来的に見込まれる効果・ジャパンブランド全体の底上げ我が国の高品質な農林水産物・食品が諸外国に広く認知されることにより、我が国輸出産品全体の訴求力が向上するなど、ジャパンブランド全体の底上げが期待されます。

・日本文化の理解の醸成

対象産品の海外市場における販売機会が増加することにより、海外の消費者が、我が国の
歴史や伝統文化等に関心を持つ機会が増加し、我が国に対する理解が醸成されます。

・海外市場における模倣品被害の減少

GI制度を有する国との間での相互保護の枠組みづくりや諸外国でのGIマークの商標
登録等を通じて、我が国の対象産品が保護され、当該国における模倣品の流通が減少す
ることが期待されます。その結果、海外の消費者が、我が国の真正な農林水産物・食品
を購入する機会が確保され、海外の消費者の利益が増加します。

トップに戻る

a:460 t:1 y:0