JGAP

Good Agricultural Practiceの頭文字で、直訳すると「良い農業のやり方」「適正農業規範」や「農業生産工程管理手法」などと訳されています。農産物生産の各段階で生産者が守るべき管理基準とその実践のことで、食の安全、環境保全型農業、労働安全などの視点から適切な農場管理のあり方についてまとめられたものです。
JGAP(ジェイギャップ)は、数あるGAPの中でも日本で最も普及しているGAPの1つです。日本の法律や生産環境、社会環境に合わせて基準が定められています。

1 JGAP認証~取得のメリット

生産者にとって
・食の安全の確保
・環境保全型農業の取組
・農業生産者の労働安全の確保
・販売管理体制の実現
これらを実践することができ、適切な農場管理が実現します。
また、第三者認証機関より審査・認証を受けることでバイヤーに信頼できる農場であることを客観的にアピールできます。

農産物バイヤー・消費者にとって
・一定の安全性が確保された農産物の調達が可能になります。仕入先の評価・選別・管理に活用できます。
・農産物の安全などに関する確認を独自に行う必要がなくなり、効率的な調達業務が実現できます。
・品質基準(味や外観)、栽培基準は自由に設定可能なので差別化された商品の調達とも両立可能です。

画像の説明

2 JGAPの問題点

•GLOBALGAPは年に1回の審査と認証であり、毎年同じ時期に審査と認証を行うことになる。
•よって、毎回「同じ作物の同じ時期」に審査することになるが、審査の信頼性を高めるために、他の作物や他の時期も審査で見るべきとの批判が強い。
•また、GLOBALGAP認証を複数回更新し、より良く管理された農場であっても、年に1回の審査を受け続けざるを得ず、頻度が多すぎるとの批判も強い。
•JGAPは2010年より、認証の有効期限を2年に延長し、中間に「維持審査」を設けた。
•維持審査のタイミングは審査認証機関側が指定することができ、その農場にとって特に重要な生産工程であると審査・認証機関が判断する作業が存在している時期に審査することができる。
JGAP認証の信頼性は、より高まる。
•複数の作物を生産する農場においては、維持審査のタイミングを工夫することで、異なる作物の生産工程を実地で審査することができる。
•また、2年に1回の更新審査の成績が一定以上のレベルであれば、審査認証機関の判断で、維持審査を省略することができる。より良い管理が実践できている農場は、審査の頻度が少なくなり、それが動機付け(インセンティブ)となって管理がより改善する。
•GLOBALGAPの審査認証制度が抱える問題解決のため、JGAPの認証期限や維持審査の考え
方を紹介した。同様のアプローチについて、GLOBALGAPでも議論されることを期待する。

3 認証期間と審査のタイミング

JGAP認証~取得手順

auto_vwPgVT.png

JGAP認証~申請書類・申請の手引き

JGAP個別審査用申請書
JGAP団体審査用申請書
JGAP認証申請の手引き

必要事項を漏れなくご記入の上、原本を以下の宛先にご送付下さい。

JGAP指導員

JGAP指導員登録されました
登録番号 07424

auto_XM5Dyc.jpg

一般社団法人日本生産者GAP協会

上記団体が日本のGAPの現状を伝えているので興味のある方は以下のサイトからご覧ください
『日本と欧州のGAP比較とGAPの意味』

http://www.fagap.or.jp/publication/content/fagap-con-4.html

3分で分かるGAP

一般財団法人日本GAP協会の資料より

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

トップに戻る

a:797 t:2 y:0